· 

65歳以上の労働者の雇用促進について

安倍政権の成長戦略をまとめる「未来投資会議」にて、現行では65歳までとなっている継続雇用の義務付けを、70歳まで引き上げる検討が始まりました。(2018年10月8日の報道より)

生涯現役社会、働き方改革法案に基づく未来投資会議ですが、労働力の確保と社会保障費の抑制も見据えた内容であると思われます。

政策や法案から考えるのではなく、
働くということから得られる生き甲斐や、生活に張り合いが出ることなどを推察しますと、
年齢を重ねても健康で、生涯現役でいられたら、本当に素晴らしい事だと思います。

しかし、高齢者の雇用に関しての環境整備や労務管理については、改めて考える必要があります。

高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちらです。
◆65歳超雇用推進マニュアル◆

また、65歳超雇用推進助成金の活用も可能です。
厚生労働省ホームページ

労使双方が気持ちよく働いて行ける職場環境の整備のお手伝いや、採用・雇用に関するご相談、
助成金の申請など、
弊事務所にお気軽にお問い合わせ下さい。

誠心誠意、ご対応に取り組んでまいります。

今日はまた雨模様ですが、皆さまも良い一日をお過ごしくださいね。