確定拠出年金 65歳まで加入延長を検討 毎日新聞の記事より

今朝の毎日新聞の記事に掲載されています。
 

ヤフーニュース  毎日新聞の記事よりリンクしておきます。
 

簡単にご説明をいたしますと、
確定拠出年金の加入は、現在のところ60歳までとなっています。
 

年金制度の三階建ての部分として、公的年金に上乗せする役割であるのが確定拠出年金です。
  

個人が任意で加入する個人型のイデコと、勤務先の企業が運営する企業型があります。
どちらも、掛け金を運用するのは加入者自身であり、運用成績によって受け取る金額が変わります。


加入者の年齢を65歳に延長する方針の背景には、高齢者の就業率の高まりや、70歳までの継続雇用の推進などが考えられます。


弊事務所は、中小企業様の退職金制度、中退共や、確定拠出年金のご相談にもご対応しております。(DCプランナー2級修得)


お気軽にお問い合わせください。


※ご参考
◼︎確定拠出年金とは◼︎
厚生労働省ホームページよりリンク


◼︎日本経済新聞の記事より  2018年8月31日◼︎