同一労働同一賃金 職務分析・職務評価実施マニュアル及び試行ツールについて

本年4月より試行される同一労働同一賃金について、コラムにまとめておきます。




厚生労働省ホームページ
同一労働同一賃金ガイドライン



上記にあります様に、主な趣旨として、
「雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保について」、正社員と非正規雇用の労働者の間での不合理な待遇差の解消を目指すものです。


そうすると、

①★待遇差を解消する★
②★賃金の見直し★
③★どのようにすれば良いのか?★

という流れに沿って、待遇差を解消していくことが必要になりますが、賃金の見直しを検討するにあたり、
職務分析、職務評価実施マニュアル及び試行ツールが厚生労働省ホームページに掲載されております。




厚生労働省ホームページURLリンク先はこちらです。
職務分析・職務評価実施マニュアル及び試行ツールについて
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/parttime/job_analysis.html



職務評価を行う前に、「職務分析」を丁寧に検討した上で、多角的な視野から分析したのち、評価に移す必要があります。



詳しい内容は、今後、継続的にコラムで記載していきたいと思います。



酒井世津子社会保険労務士事務所